コラム 17件

コストパフォーマンス2

2016.02.8

仕上げについて
私達デザイン事務所は、ハウスメーカーによくある「この中から選定」とか「基本仕様」
「オプション」などはありません。タイムリーに多くの仕上げ材料の中から選択できます。
地元の気候・風土に配慮しつつ設計担当者が予算とデザインのバランスを図りながら進め
ていきます。


クライアントの暮らし方について

設計担当者がリードしながらクライアントのライフスタイルを上手に引き出し、様々な
シーンを想定し暮らし方を提案します。そこから一つ一つ優先順位をつけ、出来るだけ
叶えてあげられるよう工夫します。
その際、予算調整で叶えられない部分も出てくると思いますが将来実現できる方法を
しっかり説明する事が出来れば、より信頼関係が築きやすいと思います。


設計担当者が1番大切にしてほしい事

コストパフォーマンスでクライアントを感動させるのに1番大切な事は?
コストを抑えつつ周辺環境を現実的に美しくしていく新しいデザインとその表現方法は?

しかし、そう簡単にアイデアはひらめきません。そういった斬新なアイデアはどこからく
るのでしょう。結局のところ地味な努力というか習慣化された忍耐力だと思います。土台
になるのが調べ物で多くの建築素材の中から選定するメリット、デメリット。気候風土、
スケッチ、模型、実験、CGなど。それらを持ち寄り、何時間もミーティングを積み重ねま
す。設計担当者はクライアントや発注者の気持ちを優先に早く、美しく、予算内に近づけ
るよう常に新しい工夫を求め、提案していく「覚悟と姿勢」が一番大切だと思います。
そして、もう一つ気になる事があります。後々安心して進めていくには現実的に先輩の経
験がとても重要です。その反面、アイデアを出す段階では過去の経験にとらわれないよう
な環境も必要だと思います。