コラム 17件

沖縄の伝統的な住宅

2014.02.1

tradW

強風から家を守る~防風林~

011 012 002

 年間10個~20個の台風が通過する沖縄では、住宅を襲う風の力を弱めるため、敷地の塀に沿ってフクギ・モクマオウ・ハイビスカスなどの樹木を植えました。
 防風林は、強風から家を守るだけではなく、美しい景観を生み出し、また樹木の日陰は沖縄の強い日差しから私たちを守ってくれる効果もあります。

シーサー

na

  住宅の屋根や門の前に置かれてあるシーサーは、中国から伝わった獅子から形を継承し、沖縄の代表的な魔除けとして有名です。
 現在は、漆喰職人や陶芸家たちが作りますが、昔は瓦職人の棟梁が最後にシーサーを作り、名刺代わりとして置いて行ったそうです。 当時は職人全員がシーサー作りを継承するのではなく、後継者として選ばれた者のみがその技術や表現方法を継承していました。
 シーサーは職人によって表情に様々な個性があり、鋭い目つきのシーサーや、口を大きくあけたシーサーが、家内安全を願い、各住宅の屋根や門に鎮座しているのです。

石敢當

010

 住宅街を歩いていると、敷地の角や正面に『石敢當(イシガントウ)』と書かれた石の札が塀に貼り付けられている住宅を目にします。これはシーサーと同じように外から入ってこようとする*まじむんを敷地の中に入れないための魔除けだと言われています。

*まじむん:魔物

 晴れの日も雨の日も心地よいと感じる

009沖縄の伝統家屋には、決められた玄関というものがなく、家のどこからでも出入りが可能という特徴があります。来客時には、和室手前の廊下や、デッキで腰をおろして*ゆんたくをすることもあったそうで、あまはじをめぐらせていました。
 *あまはじは雨よけと同時に日よけにもなり、日差しの強い日には影を作り出し、クーラーや扇風機などの機械のない時代でも、快適に過ごすことができました。

*ゆんたく:おしゃべり
*あまはじ(雨端):長い軒で覆われた大きめの縁側

 風水~フンシー~

008

  中国から伝わった風水が、沖縄の自然の摂理に従って変化し、『沖縄独自の風水(フンシー)』になったと言われています。祖先を敬う精神や、沖縄独自の神様 敬う心が風水の根本的考え方の一部として取り込まれ、自然の流れやリズムが、方角や生まれ年に深く影響し、自然と共存しながら快適な空間を作るための必然 的な要素でした。

 現在、都市計画などの法律的規制があるため、すべての風水・家相を取り入れることは難しくなりましたが、機能性とデザインのバランスを取りながら、風水の知識を活用し、先人たちの築き上げた文化を味わいながら暮らすのも良いかもしれません。